そば処 大西 大晦日だけの特別メニュー年越しそばを堪能す! 小ネタは新店肉のはせがわ 津市久居戸木町

2017.12月の訪問記録


皆さま

新年あけまして
 おめでとうございます

今年は平成30年
昭和天皇から平成へと時代が移って
30年の節目。

来年は譲位の年。

私のお婆さんは「明治」「大正」「昭和」と
三つの時代を生きていて
凄い人だなぁと思っていましたが
(因みに、私の父も大正、昭和、平成と三つの時代を生きましたね。昨年大往生しましたが)

まさか自分が同じように三つの時代(来年まで生きていればね)を
駆け抜けていけるとは思いもしませんでした。

歳を感じるなぁ・・・。


皆さま良いお年をお過ごしの事と思います。

私は毎年のことながら
皆さんがお休みの時に「忙しい」という事で
31日はお休みでしたが(日曜日なのでね)
1日は普通に仕事です。


今日は大晦日にすばらしい想いをさせて頂きましたので
UPさせて頂きます。


ランキングに参加しています。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村



三重県ランキング





d0258976_20191532.jpg


こんな感じなのですよ!!!



その前に小ネタから

先日(といってもかなり前になるかもしれません)

旧サンバレー前(現在2018年11月オープン予定)の真ん前
旧幸楽苑だった所がリニューアルしました。




d0258976_20161597.jpg


開店三日目だったと思います。
お昼早い時間だと込み具合も
それほどでもないかなとお邪魔しましたら・・・。

めっちゃ混んでるやん!

でもね、おひとり様ならば
前の営業形態とほぼ変化なしの席構成なので
お一人様席が存在するわけです。
なので、すぐに着席できました。


メニューからちょっとお高いですが
リブロースステーキをオーダー。
確か1,900円くらいだったと思うんですがね・・・。




d0258976_20161851.jpg


ん~。
ペッパーランチかっ!
(あ。それは「いきなり」だった^^)




d0258976_20162200.jpg


ちゃんとメニュー見ていなかったんですが
OGかUSだと思います。



d0258976_20162052.jpg


ごはんは確か食べ放題。
開店したてということもあってか
昨晩の残りを半日ジャーで保存したあの「プワ~ン」とした
保存臭はしませんでした。

ん~でもねぇ~。
そのあとに鈴鹿の「いきなり」に行っちゃったんで

顕著にコスパの違いを感じてしまったという事ですね。

申し訳ない!
サンバレーがオープンすれば、おそらく「いきなり」は出店すると思います。
そうなればまた業種変更を余儀なくされるのではないでしょうか・・・。

それまでが勝負かもしれません。

あ。ハンバーグ食べてないので勝機はあるかも!

それと、カウンターは席の狭さが「らぁ麺」用で
とてもステーキを食べる雰囲気ではないのが致命的です。





さて。本題。

ここ何十年も
年越し蕎麦は、嫁さん自家製の和牛入りの肉蕎麦と
ある意味我が家の鉄則に近い掟だったのですが
今年は何十年ぶりかにその掟が破られました。

というのもね・・・。

ん~。あまりオープンにしたくない感じですが
お店渾身の営業だったので
あえて首を絞める覚悟でUPします!!!


31日の大晦日。
11時30分の部
13時30分の部
二部構成の完全予約制でスタートしました。
(予約客のみの営業)




d0258976_20162413.jpg


「そば処 大西」さんです。

かねてより、クオリティーの高いお店として
おこがましいですが、度々UPさせて頂いています。


12月中頃に嫁さんが、習い事みなさんとお邪魔した時に
女将さんからインフォメーション頂いたとか。
もちろんそんなお誘いを頂いて断る理由は1ミリもありません(笑)


その場で予約をさせて頂き今日に至った訳です。

楽食人夫婦二人と友人夫婦と娘さんとでお邪魔しました。



まずは、
京料理でいう「八寸」が
前菜として出てきます。





d0258976_20161315.jpg


演出が素晴らしですね。
お聞きすると、店主さんのお母さまが
心を込めて書かれたとか。
よく見ると何と、一枚一枚手書き。

素晴らしいお心遣い。
一期一会とは良く言ったものです。

店主さんの想い、
そしてお母さまの想いが
この「ご挨拶」に表れていますね。

感動しました!
ありがとうございます!心して頂きます!

このテンションMAXの状態での
ご挨拶開封^^



d0258976_20191532.jpg

いつもながら美しい。

食べる側の心を激しく揺さぶる造りになっています。



d0258976_20191791.jpg

時計周りに

蕪の酢漬け
蕎麦豆腐
鴨のロースト
牛肉時雨
鰊甘露煮
真ん中は
出汁まき玉子
牛蒡煮
蓮根とクリームチーズ
黒豆

やばい。入れ替え制でなければ
ずっと座って5時間は呑める感じですな^^
ビールを頂いていましたが
早々に日本酒にチェンジ。

八兵衛の生酒を頂きます。


d0258976_20190712.jpg

何でしょ。
この素晴らしい酒器は・・・。
真ん中の寒椿の下は氷が入れられるようになっていて
夏でも使える焼き物。
どこでこんな素晴らしいものを見つけてくるんでしょうね・・・。

あのね。私、本当に居座る覚悟で呑めてしまいますよ!
これだけ素晴らしい料理を出されれば(笑)


懐石でいう
椀物です。


d0258976_20191947.jpg

白みそ仕立ての蕎麦掻雑煮
餅の代わりに蕎麦掻!

またこの蕎麦掻が暖かくて表面カリっと中はフワッと!
ジャストインタイムでの提供。
ウマすぎる。




d0258976_20191072.jpg

桜えびかき揚げ

大西といえば桜えびのかき揚げといっても
過言でないくらいの渾身の逸品。



d0258976_20191382.jpg

見て下さいよ。
この揚げ方。

揚げた衣が「角」のように天に向かっています。
めっちゃおめでたい。
見た目以上にサックサクの揚げ具合^^

勝手に命名しちゃいます
「角(津の)揚げ」

サクサク感半端なく
本当に食べていて幸せな気分になります。




d0258976_20211631.jpg

しんがりの蕎麦。

北海道は音威子府(おといねっぷ)産の蕎麦

新蕎麦の提供したてに間に合いませんでしたが
十分な香りがそそられます。



d0258976_20211970.jpg

追い笊で三皿はいけるな。
蕎麦つゆも安定の美味さ。
角が無くまろやかかつパワフルで
それなのにそばの風味を邪魔しない最高の出来。



d0258976_20210881.jpg


蕎麦饅頭

デザート苦手ですが
ふわんと暖かくほっこりさせる甘さとウマさが心を奪われます。




d0258976_20211074.jpg

甘味の造りも素晴らしいですね。
やたら甘いお店もあるんですが
お蕎麦屋さんですから、
最後に甘味が強く印象に残ってはいけないですよね
そこを計算されているんでしょうね。
本当にあっさりと適度に甘味を感じさせてくれます。





d0258976_20211342.jpg

蕎麦湯は大好きな
わざわざ作る系の蕎麦湯。
これが〆。

ここ何十年の大晦日の中で
ここまで印象に残った年越しそばはないですね^^

もちろん、まだ年が明けていませんが
帰り際に、店主さんに来年の年末も宜しくお願いします!と
予約を入れましたとも(笑)

それくらい素晴らしいお料理と年越しそばでした。

店主さん、女将さん、お母さま。
本当にありがとうございました!

今年の年末も宜しくお願いいたします!

そば処 大西(過去記事です) 津市久居戸木町



ランキングに参加しています。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村



三重県ランキング




第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト



by phoenix_shin | 2018-01-03 00:07 | 蕎麦 | Comments(0)