北海道遊食 その⑦ ファイナル 五十七番寿し~美瑛のコーンパン 花畑牧場他

2016.9月の遊食記録


北海道遊食 その①
北海道遊食 その②
北海道遊食 その③
北海道遊食 その④
北海道遊食 その⑤
北海道遊食 その⑥

いや~すみません。
長々と北海道遊食を綴っているうちに
10月になっちゃいましたね~。

今回は札幌+セントレアなので番外編とでも言いましょうか
でも結構ええネタもあったりなんかして
今後北海道の旅に出かける予定がある方
また、出かけてみたいと思う方の参考になればと思います。

日々の生活がありますし仕事もあるので中々三泊四日も行くのは難しい・・・。
(しかも平日)

でもね。行くならやっぱり平日。
色んな所が混んでいないし、時間の予測が立てやすい。
最終日が土曜日に絡んだことで新千歳空港では結構待たされました。

完全平日ならばこの問題も解決すると思います。

ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!


三泊の遊食を終えて、帰路新千歳へと向かうのですが
この日は土曜日。当然私たちは「帰路」でも
北海道の方々で「往路」の方々もいるわけで・・・。

なので、いち早く新千歳へと向かい搭乗手続きを済ませ
空港内を散策する作戦。

d0258976_21543428.jpg



この日は最後の朝食としてブッフェ形式ではなく
きちんと席まで運んでくれる系を選択しました。
実は三日間ともこちらでもよかったのですが
確か開店時間が7時からだったので予定が組みづらく二日間はブッフェで
最後の日をこちらにしました。


d0258976_21542572.jpg

曇天で、さっきまで雨が降っていました。


d0258976_21544473.jpg


お。私的にはブッフェよりもコチラのような落ち着いた感じが好きですね。
だってね、あんなにたくさんの量を食べられるわけもなく
でも、見るといつもよりもたくさん取ってしまうのは体重増を気にする身としてはつらいわけです。


ま。コレも完食しましたけどね(笑)


チェックアウトを済ませJR札幌駅へ。

40分の道のりを立って帰るのは相当つらいので
小樽からの帰りに(二日目の夜)
嫁さんの提案で指定席「Uシート」の購入をしておきました。
これがね。大正解。
当日の朝(四日目の朝)は新千歳へ向かう「往路」の人「帰路」の人で
ホームはごった返している状況。しかも土曜日とはいえ通勤の方もいて
それこそスーツケースを持っているのが邪魔でしょうがないくらい。

沢山の人が「立ったまま」新千歳へ向かう状況。
ココは外しちゃいけない部分ですね。
翌日の「帰路」は前日以前にに指定席購入をしておくこと!
おそらく当日なんかは売り切れでしょうし
前日でも遅いと席がないと思います。(一本の電車に30席くらいしかなかったと思います)


d0258976_21551472.jpg

結構たくさんの搭乗客がいて、何とか手続きを済ませやっと空港内散策へ。

ありますね~。ラーメン道場。
そのほかにもたくさんの飲食店があります。

d0258976_21545445.jpg

ラーメン道場はすでに行列ができています(10時半ごろ)


でもね、ここじゃぁないんだな・・・。


d0258976_22062953.jpg

ここだ!


d0258976_22063690.jpg

「また寿司か!」って言わないでくださいね^^

「五十七番寿し」さんです。

コチラ珍しい「立ち食い」タイプ。
しかも回転ずしさながらで注文方法は各個人に割り当てられている「液晶画面」
そして一貫から食べられるので、話のネタに数貫たべて会計する人もいるくらいメジャー(笑)

d0258976_22065333.jpg

「まだ呑むか」
本当はサッポロクラシックが良かったんですが、なんと品切れ・・・orz
おいおい。エクストラコールドなんてどこだって呑めるんだよ。
サッポロクラシック切らすなよ~致命的なミスだぞ!仕入れ担当!
・・・と心の中で一回文句言っといて、握ってもらいます。

d0258976_22070282.jpg

いきなりのボタン海老~!
もう順番なんてどうでもいい。
頭にひらめいた「食べたいモノ」を注文する!

d0258976_22071092.jpg

のどぐろのあぶり!

d0258976_22071877.jpg

これなんだっけな?失念><

d0258976_22072844.jpg

そい! これは北海道でしか食べられないので
もう一度食べたかった。もちろんウマイ!

d0258976_22073720.jpg

でへへ。うにー!


d0258976_22152657.jpg


やりイカ山わさび添え。
山わさびウマイ!

d0258976_22153484.jpg

魚卵好きの楽食人。。とびっこ^^


d0258976_22154384.jpg

イクラちゃん。北海道産って粒が大きいんですね~。


d0258976_22155259.jpg

ズワイガニと、・・・えっと・・・なんだ?(爆)


d0258976_22160106.jpg

ラスト!
もっかい、うにー!


いや~ホントウマかった。
北海道の最後を飾るにふさわしい締めくくりでしたね^^

そして、一目散にある場所へ


d0258976_22205975.jpg


おおお。もう並んでるよ。
寿司を食べる前に前を通って買おうと思ったんですが
残念ながら売り切れ。次回は一時間後って事で先に寿司を食べたわけです。

帰ってくると焼き上がり30分前にも関わらず、すでに行列。

d0258976_22212189.jpg

今回の日程でどうしても行けなかった
「青い池」で有名な「美瑛」の特産物を使ったパン!

d0258976_22214165.jpg

幻級の購入券。ただし、この券を手に入れたからといって
列から離れると購入の権利を失います。
あくまでもこの券二枚で五個入り一下げを二下げまで購入できる証。
(お一人様二下げまでの制限がかかっています)

私がここの並んでいる間、嫁さんはどうしても食べたかった


d0258976_22215525.jpg

ここへ!
そして。


d0258976_22310799.png

この濃厚なソフトクリームにホットキャラメルソースがかかっているのがたまらなくウマかったそうです。

美瑛のコーンパンが焼きあがりました!

d0258976_22223281.jpg

これね。本当に香りがすごい。
「あまい!」
購入券を手に入れられなかったたくさんの人が、フライト時間に間に合わないという事で
断念していかれる姿を横目に何とか二下げゲット!


d0258976_22224145.jpg

こんなにコーンが入っているパンは食べたことないですね!
スゴイパンだ!


d0258976_22342094.jpg

タラップが北海道らしい^^


d0258976_22364258.jpg

機内サービスで嫁さんはスープ飲んでました・・・まだいけるのね(笑)

テイクオフしながら竹内まりやさんの「夢の続き」という曲を思い浮かべながら
北海道に別れを告げました。

余談ですが、この「夢の続き」と言う曲は
30年ほど前に「ジョニー大倉と時任三郎」主演の
ハワイアンドリーム」という映画の主題歌で
この映画に私嵌りましてね~。
ハワイに密入国している日本人の若者二人が
自由気ままな生き方をハワイで送るというストーリー。
最後はマフィアと揉め事になりドタバタ劇の後、
日本に帰っていく。
ビデオが擦り切れるくらい見ましたね。
自由で気楽で気候も最高でジョニー大倉が
「ここは天国じゃないか」ってセリフがしびれます。
北海道をテイクオフする時に
「休暇は終わりだな」ってセリフと被っちゃいましてね。
すみません。余談でした。

そして一時間ちょいのフライトを終えて
セントレアへと戻ってまいりました。

セントレアに降り立った時間がちょっと都合悪く
高速船が二時間に一本しかないんです。
ココだけ接続が悪くて一時間ほど待つことに・・・。

で。

笑えるのが、セントレアのフードエリアに
「沖縄物産展」が来ていました。
今なら「紅芋タルト」も買えるし「サーダアンダギー」もある^^

札幌→沖縄へ行ってきたといっても分からないくらい(笑)
それでネタに「サーダアンダギー」買いました。

で。まだ時間がある・・・。


目に入ったのが

d0258976_22363113.jpg

お?そういえば・・・。


d0258976_22365387.jpg


おおお。これ、一度食べてみたかったんだよなぁ~^^
「え・・・」(嫁さんあきれる)

d0258976_22370391.jpg

これが北海道遊食の締めくくりだぁ~!

はい。美味しかったですよ~^^
スパイシーを選んだのでウマウマでした^^



皆さま。

長きにわたり、だらだらと書き綴った「北海道遊食」

お付き合いいただき感謝します。
すでに平穏無事な日々を過ごし夢のような時間は終わりました。

しかし、この旅を終えて嫁さんと
「また行きたいね」と思ったことは間違いありません。

またこんな遊食ができれば最高だと思います。

ありがとうございました!

五十七番寿し
美瑛のコーンパン
花畑牧場


北海道遊食 その①
北海道遊食 その②
北海道遊食 その③
北海道遊食 その④
北海道遊食 その⑤
北海道遊食 その⑥

ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!

by phoenix_shin | 2016-10-01 00:05 | 寿司 | Comments(0)

北海道遊食 その⑥ 成吉思汗なまら 激ウマジンギスカンと絶景「藻岩山」の夜景

2016.9月の遊食記録


北海道遊食 その①
北海道遊食 その②
北海道遊食 その③
北海道遊食 その④
北海道遊食 その⑤

さて。
北海道最後の夜は
何といっても夜景。

そして、夕食はこれまた未食のジンギスカン。

この最強の組み合わせで締めくくりたいと思います。

それでは夕食からスタート。

d0258976_15141068.jpg

「成吉思汗 なまら」さんです。
成吉思汗 なるきちおもうあせ? これで「ジンギスカン」と読むそうです。
我々東海エリアの人間にはなじみがないですね。
二条市場からすぐ近くにあります。


ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!


d0258976_15142561.jpg

コチラのお店まだ今年4月にオープンしたばかり。
色んな情報誌を見るとジンギスカンの有名店がたくさんありますが
コチラのお店はまだ新店という事もあって情報が少ない。
しかも道民の方のブログを拝見していると観光客はほぼいなくて
地元民でにぎわっているのだとか。
そりゃぁ間違いなく今後繁盛店になること間違いなし。

しかも、こちらのお店北海道民なら知らない人はいないくらいの
地元密着型タレントさんのお店で本人が店にも出ているんだとか。
東海エリアで言えば「つボイノリオ」さんのお店といった所か。

道民の方のブログでも中々の評判で味も間違いないとのこと。
そこでこちらに決めたというわけです。

d0258976_15143629.jpg

奥にちょこんと写っているのがオーナー店長の大下宗吾さん。

焼酎もけっこうこだわりがあるようですね。

d0258976_15144638.jpg

牛肉と違ってかなりリーズナブルですね。
懐かしのジンギスカンを除く上から全部頂きました。

d0258976_15145456.jpg

カウンターの奥に七輪を置いて炭火で頂きます。
玉ねぎと赤ウインナーはサービス?かな。

d0258976_15151335.jpg

左が「なまら厚切り」右が「生ラムジンギスカン」

d0258976_15155259.jpg

焼くべし焼くべし。

d0258976_15153268.jpg

道産の極太アスパラ。
無類のアスパラ好きの嫁さんは「やっとアスパラに出会えた」とよろこんでおりました。
季節的には北海道はもう終わりだそうです。


d0258976_15305086.jpg

ええ感じやん^^

d0258976_15303021.jpg

山わさび。
道民の皆さんは山わさびを結構食べるみたいですね。

d0258976_15303877.jpg


おおお!
何だ?この肉。
とても柔らかくそしてラムの臭みが全くない!
実は私基本的にラム嫌いでしてね。
それがどうでしょう。
肉汁が口の中でプワンって広がる!
これはウマイ!

d0258976_15295355.jpg

ラムタン これ結構貴重なんだそうな。
ラムタンを食べさせる店はそんなにないそうです。


d0258976_15362179.jpg

ラムタンもめっちゃウマイやないかい!
なんだ。ラムってめっちゃウマいやん。
今まで食べとったんは一体何なんや?

d0258976_15363225.jpg

生ラムジンギスカンおかわりとラムソーセージ。


d0258976_15364520.jpg

このラムソーセージも肉汁タップリめっちゃジューシーで
いくつでも食べられるくらいのウマさ。

d0258976_15365796.jpg

ワインにチェンジ。
ワインもいけるなぁ^^

北海道のジンギスカン・・・恐るべし。


おなか一杯になって、いよいよ夜景ツアーバスに乗ります。
このバス、便利なことに色んなホテルに寄ってお客さんを乗せて行ってくれます。
今日の私たちの予定から行くと、札幌グランドホテルが一番近かったので
そこでピックアップしてもらうように事前予約。

降車場所もあらかじめ選定された数か所で自由に降りられます。
終点が全日空ホテル札幌。とても都合がいいですね。


d0258976_15462969.jpg

「札幌もいわ山ロープウェイ」


d0258976_15511984.jpg

これに乗ってまずは第一段階の展望台へ。
そこからケーブルカーに乗り換えて山頂へ向かいます。

ロープウェイの上りは一番後ろの席がお勧め。
何故なら・・・。






d0258976_15463886.jpg


こんな風に夜景を独り占め。


d0258976_15465266.jpg

歓声とため息が出ますね~。

d0258976_15470416.jpg

美しい。


d0258976_15471513.jpg

札幌市内から藻岩山までめちゃくちゃ近いんです。
なのでこれだけの景色が間近に見られるんですね。


d0258976_15552283.jpg

中腹でケーブルカーに乗り換えます。


圧巻です!


d0258976_15473127.jpg

山頂からの夜景。
昼間の景色も絶景とのことで、このツアーは昼間もあるそうです。
カメラがスマホなのでイマイチかもしれませんが
これを裸眼で見たら本当にため息が出ますよ^^
あ。もちろん山頂は気温が5度くらい低いのと
風が吹いていますので相当寒い。
上着を一枚持って行かないと風邪をひきます。

d0258976_15475239.jpg


d0258976_16005925.jpg

この日は「十六夜」
月の美しさも手伝って本当に素晴らしい夜景でしたね。
札幌の最後の夜を迎えるにあたって、最高の夜になりました。


実はこちらの夜景


d0258976_15483680.jpg

「日本新三大夜景」に選定されたそうです。

どうりで、素晴らしいはずだ。

夜景を堪能しホテルに帰ってきました。

そして締めくくりへと。


d0258976_16050503.jpg

全日空ホテルのスカイラウンジへ。



d0258976_16061581.jpg

とても有意義で食い倒れた三日間。
連れてくることができて本当に良かった。

嫁さんと30年。
苦楽を共にしてイロイロありましたが
あっという間だったと思います。

子供たちも巣立ち、
これからは自分たちの時間を大切に
生きていかなければいけないなとあらためて思いました。

この北海道遊食は私たちにとって本当に価値ある旅でした。
こんな私と30年。よくぞ付いて来てくれました。
嫁さんには感謝しております!



「ありがとう!」












・・・ってなこと言ってますが、
まだまだ順風満帆とは程遠く
あっちで〇〇こっちで〇〇そっちで〇〇って
いつになったら楽になるんじゃい!


北海道遊食、次回が最後 四日目も食い倒れ!

成吉思汗 なまら

北海道遊食 その①
北海道遊食 その②
北海道遊食 その③
北海道遊食 その④
北海道遊食 その⑤


ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!

by phoenix_shin | 2016-09-29 00:07 | 焼肉 | Comments(0)

北海道遊食 その⑤ 札幌観光~とろける円山ぱんけーき~二条市場で「あむっ」

2016.9月の遊食記録


北海道遊食 その①
北海道遊食 その②
北海道遊食 その③
北海道遊食 その④

北海道遊食も三日目。
最後の夜を迎えています。

ここまで長いだらだらとした記憶の記録に付き合っていただいて
本当に感謝します。
でも、まだまだ続くんですよ!

もう少しですので
飽きずにお付き合いください!

ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!

ようやく食い倒れの旅から
観光重視の日程に・・・おっそ><

この日は、午前バスツアー
午後というか夜バスツアーを組みました。

それでは午前より

d0258976_23005995.jpg

この日も「抜けるような青空」
事前の旅程の天気予報では曇りや雨といった
秋雨前線活動中!って予報で、正直「時期を間違ったか・・・」と思ったくらい。
ただ、うちの嫁さんは「神の晴れ女」と言わしめるぐらい
イベント時は圧倒的に「晴れ」なので
そんなに心配していませんでした。
そして予想通りの「晴天」

・・・。

「誰が北海道に来てると思ってんの?」

って嫁さんの言葉になんの反論もありませんでした^^

このJRタワーズのすぐ下がバス乗り場になっていまして
各方面へのバスツアーの車両発地になっています。

午前の部は
嫁さんの観光場所の優先希望である「大倉山ジャンプ場」

d0258976_23011249.jpg

ほほ~っ!

すげ~スケール!
ココを人がジャンプするの???


d0258976_23012018.jpg

リフトにのって山上?へと昇れますが
この急斜面!
歩いたらおそらく半分ぐらいで挫折するでしょうね。


d0258976_23012672.jpg

あまりの美しさにパノラマで撮ってしまったので
画像が小さいですが、それにしても札幌を一望できるこのジャンプ場は半端ない壮大さがあります。


d0258976_23013618.jpg

画像なので実際の立体感が感じられませんが
むちゃくちゃ「コワイ!」
それこそ「吸い込まれる」ような感じがして
男性特有のある部分(失礼)が「シューッ」ってします・・・。


d0258976_23014324.jpg

行きよりも帰りのほうがはるかに「コワイ」
実は私、高所恐怖症でして・・・。
基本的に機械モノを信用していないので
乗っている最中も
「ロープ切れたらどうするんだ?」とか
「ゴンドラが金属疲労で落っこちたらどうするんだ?」とか
要らぬ心配ばかりするんです・・・。
なので、ある部分が「シューッ」っと・・・もうええか。

見学を終え、バスは一路観光名所の「羊ケ丘展望台」へ

d0258976_23140540.jpg

はい。お約束。


d0258976_23141573.jpg

緑と青空そして街並みのコントラストが素晴らしい。


d0258976_23143899.jpg

イメージでは「羊」が真っ白なんですが
実際は小汚い茶色い羊さんたちでした^^

d0258976_23145456.jpg

のどが渇いたので、水分補給(どこが水分や)

羊ケ丘展望台はあまりにも有名なので「話のネタ」程度に思っておいたほうがよさそうです。
特に何があるわけでもなく20分もいたら飽きます(笑)

午前のバスツアーはこの二か所を案内してもらって2,600円だっけな。
リフトやら入場料やら込みなので絶対バスツアーがお勧め。

札幌に帰ってきました。

ちょうど12時30分ごろ。

当然お昼ですわな。

旅程の中で唯一この日の昼食だけが決まっていませんでした。

そこで嫁さんの提案。

「パンケーキ食べたい」

「・・・・ん?」

そうでした。この三日間、スイーツ何も食べさせていなかった・・・。
よって、この日の昼食(昼食がスイーツかよ)はパンケーキに決定。

そこでうろうろする事偶然にも発見のお店

d0258976_23150595.jpg

「ココならなんかあんでしょ」って軽いノリで入ってみたら

d0258976_23151524.jpg

あら・・・。
嫁さんが食べてみたかった
「円山ぱんけーき」が!


d0258976_23155717.jpg

d0258976_23245165.jpg

d0258976_23245987.jpg

なんだよ「プリンスのパンケーキ」って???

なんだよ「プリンセスのパンケーキ」って???

d0258976_23250876.jpg

期間限定ですか??

d0258976_23251721.jpg

アイスコーヒーとカフェオレ

d0258976_23253295.jpg

うわぁ~きた!
「プリンセスのパンケーキ」
・リコッタチーズ入りパンケーキマカダミアナッツソースがけ
・季節のフルーツ盛り
・イチゴのコンフィチュアールバニラアイス

っていう呪文のような食べ物。

d0258976_23254044.jpg

なんか、いちいちシャレオツですなぁ。


d0258976_23254819.jpg

切ると原型を保っていない・・・。
つまりそれくらいやわらかいという事。
焼くだけで20分くらいかかるってシロモノ。
フワフワの概念変わりますよ~^^

(・・・てか。これを昼食にするという神経が理解できん・・・)
ワタクシは二口ほど頂いてほどなく終了。
夕食の燃料タンクを空にするため我慢の人であった。


d0258976_23255996.jpg



真ん前の旧北海道庁を見た後、向かったのは


d0258976_23261705.jpg

二条市場。


d0258976_23380068.jpg

こんな感じの


d0258976_23380966.jpg

ちょっと怪しい感じの場所もあったりなんかして、楽しい感じなのですが


d0258976_23381847.jpg


このお店には嫁さんシビレました^^
沢山芸能人も来ていて結構有名店。

d0258976_23384072.jpg

わずか4席の小さいお店

d0258976_23391794.jpg

見た感じもめっちゃリーズナブル。


d0258976_23390400.jpg

驚くべきはこの「ネタ」
どデカイ「ボタン海老」筆頭に素晴らしいクオリティーのネタの数々。

d0258976_23384948.jpg

そんなの嫁さんが見逃すはずがありません。

この特大ボタン海老なんと

「600円!」

ええ~~~!マジで?

「にぎりで?」って言われたんですが、おなか一杯だったのですかさず
「刺身で」ってお願いして、しかもこれだけの注文にも関わらず
とても威勢よく「いいよ!」
ありがたいですね~^^

この後、嫁さんが特大ボタン海老を「あむ~」ってやってる画像をUPしようと思いましたが
自主規制かけました(笑)

「幸せいっぱい夢いっぱい♪」・・・どっかで聞いたことあるな。
ミソもたっぷりでとろけるような甘味と旨味だったそうです。


d0258976_23464623.jpg

市場内はこんな感じで海産物が所せましと並べられていて
色んな場所で「その場食い」ができてしまいます。
ただ、残念なのはあくまでも「食べるだけ」で
飲料等の提供はありません。
そうなると「別の許可」が必要となるようです。
最高のツマミがあるのに「飲み物」何にもなしってのはちょっと寂しいですな。

d0258976_23470868.jpg

こういう飲食店もあって、店内飲食の場合は「呑めます」(笑)
でも市場での醍醐味はやっぱり「その場食い」ですよね。
ビールの自販機とかおいてくれればいいのに・・・。


d0258976_23471898.jpg

おなかが許せば食べたかったらぁ麺屋さん。


d0258976_23472708.jpg

英語、中国語、韓国語の表記。
めっちゃインターナショナルな地元のらぁ麺やさんですな^^

さて。二条市場を堪能し札幌の三日目はフィナーレへと。

晩御飯は究極の「ジンギスカン」そしてその後の「藻岩山夜景バスツアー」は次回UPです。
お楽しみに!

円山ぱんけーき

たけ江鮨


北海道遊食 その①
北海道遊食 その②
北海道遊食 その③
北海道遊食 その④

ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!

by phoenix_shin | 2016-09-27 00:04 | その他 | Comments(4)

北海道遊食 その④ ニッカ余市蒸留所~シロクマ食堂 絶品の蟹ミソクリームパスタ!

2016.9月の遊食記録

北海道遊食 その①
北海道遊食 その②
北海道遊食 その③

小樽散策を終えて
一路「余市」へと向かいました。

目的は「ニッカウヰスキー余市蒸留所」

ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!


「マッサンとリタ」はあまりにも有名ですが
私、実は番組を見たことがありません・・・。
ただ、単に日本最北端のウヰスキー蒸留所に異常なまでの好奇心がありまして・・・。
「余市」という名前もなんだか北海道の蒸留所にバッチリの名前だと思うし
なんせ最北端っていうのが「グッ」っとくるんですよね~。

d0258976_23154416.jpg

鉄道ファンならよだれもの?の駅名看板。

d0258976_23155165.jpg

とても感慨深い。
自分自身がこの地にいることが・・・。

d0258976_23160042.jpg

駅から徒歩3分。
めっちゃ近い。
重厚感がある「ニッカウヰスキー余市蒸留所」

事前に観光ガイドの予約をしておいて
14時30分から見学しました。
因みに毎時「0」分と「30」分のスタート。
駅に着いたのが14時23分。すげータイムスケジュールでしょ。

d0258976_23160928.jpg
今も稼働している蒸留所という事なんですが
今日はいろいろ事情があってお休みとのこと。

d0258976_23161956.jpg

蒸留釜にしめ縄。
神が宿る神聖な場所という事と神頼みって事なんですって。

d0258976_23162874.jpg

若干通り雨があって傘をさしていますが
すぐにやみました。
見えているのが「マッサンとリタ」の住居。
蒸留所の中に自宅を作っちゃうあたり筋金入りの職人魂ですね。

d0258976_23311530.jpg

玄関ホールを入ると待合室のようなものがあります。
この左側の扉の奥が実際の居住スペースとか。
もちろんここから先へは入ることはできませんが
この待合に入れただけでも貴重な体験。

d0258976_23312641.jpg

断面図で住居スペースが紹介されています。


d0258976_23164809.jpg

見学用の樽保管庫。
ものすごく縦長。

d0258976_23163590.jpg

実際にこの樽にはウヰスキーは入っていませんが
他の見学用保管庫以外の場所には保管されているとのこと。

d0258976_23165974.jpg

おなじみのマークがありますね^^


d0258976_23291602.jpg

マッサンとリタの歴史が飾られています。

d0258976_23292378.jpg

当時のまま。めっちゃ貴重!

d0258976_23293892.jpg

歴代の商品が陳列されています。
懐かしいラベルもありますね。

d0258976_23294714.jpg

ここ余市で生成された「第一号ウヰスキー」
この瓶詰のほかに樽保管があるそうですが
ワンショットいくらになるか想像もつきません。
おそらく何百万???
ここ余市でお勤めの方も誰も飲んだことがないそうです。
そして今も熟成が進んでいって、毎年その量は減って行っているそうです。
(天使のわけまえ)

d0258976_23303487.jpg
お楽しみの試飲コーナー。
「おひとり様三杯まで」って言ってましたが
何杯目か誰もわからないので
正直何杯でも呑めてしまいます。

d0258976_23310133.jpg

窓側のカウンター席に座ると
こんな大自然に囲まれた素晴らしい景色を見ながら
ウヰスキーを頂くことができます。

でもね。
私の最大の目的はね


d0258976_23403372.jpg

有料のバーカウンター。
さっきの「ニッカ」マークの奥にあって
見学が終わってから逆回りして戻る形になるんですが

d0258976_23404400.jpg

この余市蒸留所でしかいただけない
ヴィンテージウヰスキーがたくさんあります。
私が選んだのは

d0258976_23405387.jpg

余市 20年


d0258976_23410386.jpg

この上品な琥珀色のウヰスキーの美しさ!
みずならの樽で20年間熟成されたこのウヰスキーのウマさと言ったら・・・

「絶句!」

ワンショットながら本当に言葉にならないウマさ。
一口入れたときの鼻に抜けるバニラのような甘い香り
旨味、フィニッシュに若干のスモーキーな感じが
熟成度合いを物語っている感じがします。
この余市で呑むことができて貴重な体験をしました^^

この瓶抱いて眠りたい・・・(笑)

楽しく余市蒸留所を堪能した私たちは
再度「小樽」へと戻ります。

小樽までは札幌から何本も列車が出ていますが
小樽よりも西行きは一時間に一本程度なので時間調整が難しい。

ここで楽食人の「ツアコン」センスが光ります。
小樽での時間管理はほぼ完ぺきなスケジュールで動きました。


d0258976_23514962.jpg

外しちゃいけない「小樽グルメ」
「なると屋」さん

本家は「なると」なんですが
こちらの三代目がのれん分けという形で「なると屋」を創設。
こちらは色んな所に支店をだしています。
「なると」本家さんは「伊勢鮨」さんのすぐ近くに・・・。
お昼食べてすぐは無理だったので
余市で運動してから食べました^^

d0258976_23515721.jpg

「半身揚げ」
文字通り「半身」が揚がってます。
表面パリッパリで中はジューシーという鉄板の表現がピタコンですね。
これをアテでビールが欲しい!

ハフハフと半身揚げを食して
小樽駅から海へと下っていきます。

途中「小樽運河」にぶつかります。


d0258976_23520716.jpg

左に少し見えるのが「小樽運河クルーズ」
ココが出発点。ここから画像奥へとゆっくりと進んでいくんですが
それはもう素晴らしい風景が広がっていて、ここでも時間が止まった昭和を感じますね。
もっと暗くなって味がある画像が欲しかったのですが
「晩御飯」が迫っていますので
運河とは逆方向へ(笑)

d0258976_23522214.jpg

はい。わかりませんね!

そーなんです。
これが良いんです。

「シロクマ食堂」さんです。

d0258976_00052246.jpg


d0258976_00053384.jpg





d0258976_23523677.jpg

ノスタルジックな食堂で地元感プンプンです。

d0258976_23524695.jpg

d0258976_23525719.jpg

d0258976_23530407.jpg

予約の際、「三重から伺います」というと奥様がびっくりされていました。
マスターは昔、鈴鹿にいたことがあるそうで、いろいろと話ができ
のっけから打ち解けた感じで良かった。

メニューはいろいろあるんですが、
素材さえあれば、リクエスト可能(マスターの気分次第)です。
それこそキムタクの(時事ネタだな)「ヒーロー」に出てくるお店で
何を頼んでも「あるよ」っていうお店の感じ。

d0258976_00051159.jpg

鉄板でしょ。

d0258976_00044975.jpg

私はダークロースト系

d0258976_00045905.jpg

嫁さんはフルーティー系


つまみをお願い。


d0258976_00091424.jpg

ど~です。この枝豆のきれいなこと。
ひげがチクチク出ているのはそれだけ新鮮な証拠。
激ウマでした。

d0258976_00192045.jpg

蟹ミソとカニのむき身
この蟹ミソが絶品!
この蟹に関しては後で驚く事実が・・・。



d0258976_00092531.jpg

北海道満喫の造り。
こんなのさらっと出てくるお店に外見からは見えません(失礼)

d0258976_00093806.jpg

いきなり大吟醸出ました。
ウマイに決まってますわな。

d0258976_00095424.jpg

道産の野菜をグリルしてもらいました。
これもウマイ。

d0258976_00102279.jpg
ありゃ「新政」あるんだ!すげー!


呑んでるうちに、お隣の常連さんと仲良くなって
このお店のお勧めメニューを


d0258976_00183236.jpg

「牛トロフレーク丼」
常連さんいわく、これもウマイそうな。



嫁さんがこの店を選んだ最大の目的はコチラ

d0258976_00104483.jpg

d0258976_00105831.jpg

d0258976_00110970.jpg

「蟹ミソクリームパスタ」

コレガね~。
もう激ウマ!

季節的に私たちが訪問した週で最後とか。
蟹の風味が恐ろしくパスタに移っていて
濃厚なクリームと蟹ミソがめちゃくちゃ合う!
しかもカニ身も付いていてこんなのアリか?ってくらいのクオリティー。

嫁さんのを一口もらって衝撃が走り
もっと食べさせてもらおうと思ったら
「もうあげない!」って・・・orz

思わずもう一人前頼んじゃいました。


そして、私たちがお店に入った時から居た
「あやしい」おっちゃんがいたんですが
このおっちゃん・・・

d0258976_00194931.jpg

三時間余り水も飲まず何も食べず
私たちや店主さんや常連さんと喋りまくってるんです。

でも、謎が解けました。


d0258976_00201951.jpg
お?

この右下のおっちゃん・・・・・・。

d0258976_00194931.jpg

二回目登場!
だよな!

何と社長さん。

更に初めのほうでサラッと流したこの画像


d0258976_00291242.jpg

あれれ。ここにも社長さん!

つまり、このお店の「カニ」関係は
このおっちゃん・・もとい 社長さんのおかげとか!

ここに出ている蟹ミソですけどね
当然買って帰りましたが、「激ウマ」です。
しかも無添加!
そして滑らかでとても舌触りが良く(まるで裏ごししたかのよう)
マイルドなのに濃厚という
今までの「蟹ミソ」の概念を覆すようなウマさです。
缶詰にあるような「くさい」蟹ミソではないですよ!


すんごいの見つけました。
この社長さんの携帯の番号もゲットしましたので
電話すれば送ってくれるそうです!やった!

d0258976_00204949.jpg

蟹の甲羅フレーク。
このお店の「蟹ミソクリームパスタ」には
色んな秘密があります。
それを店主さんは惜しげもなく全部明かしてくれました。
そしてその秘密であるこの甲羅フレークまで分けてくれました。
これで、蟹みそクリームパスタが自宅でもできるというわけ^^

すごいラッキー!

めちゃくちゃ楽しい時間を三時間余り過ごして
一路札幌へと帰りました。


あ。そうだ。
ウニの話から、某青いお店の話をしたら
マスターが興奮して「行きたい、食べたい、行きたい」と
めっちゃ言っておりましたので、
三重に来るときは電話くださいと携帯番号教えました。
本当に来るのかな???


今日出会えたすべての方々に感謝!

明日はようやく市内観光+食べ歩き+夜景!

ニッカウヰスキー余市蒸留所

シロクマ食堂

なると屋

北海道遊食 その①
北海道遊食 その②
北海道遊食 その③

ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!

by phoenix_shin | 2016-09-25 00:50 | 居酒屋 | Comments(2)

北海道遊食 その③ 小樽散策 メルヘン通り 伊勢鮨にて北海道を満喫!

2016.9月の遊食記録

北海道遊食 その①
北海道遊食 その②


北海道遊食 その③

画像があまりにもたくさんありまして
選ぶのにめっちゃ苦戦しています。
ホントはもっと沢山UPしたいんですが
時間がかかりすぎるので抜粋していきます。

宿泊先の全日空ホテル札幌の朝食なんですが
私はどっちでもよかったのですが
嫁さんが
「せっかく付いているんだから食べよう!」
ってことなので、頑張って食べました。


d0258976_12594130.jpg

2階部分がブッフェ形式になっていて
朝6時(この日はANAオープンの関係で早かったようです)からオープン。


d0258976_12594836.jpg

オムレツはシェフがその場で焼いてくれます。

まぁ、それ以外は特筆することは特にありません。
味噌ラーメンもあったな・・・朝から・・・。
一応、北海道産〇〇っておかずはゲットしました。
左のスープのようなものはスープカレー具なし(笑)
具は別添えだったのであえて具なし。
スパイシーで美味かったな。
でも、こういう形式はやっぱり普段よりも多くおかずを取っちゃったりして
食べすぎちゃうんですよね~。困ったもんだ・・・。

颯爽と小樽へ!

ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!

小樽まで40分くらいと
結構近いんですが、なんせ平日なので
小樽に移動をかけた時間と通勤時間がかさなり
かなり混んでいました。

d0258976_12595625.jpg

事前の下調べ通り、進行方向に向かって右側の席を確保。
そうするとこのような素晴らしい海が途中から見えてきます。
少しの間この海岸線を電車は走るので「世界の車窓から」を間近で見る感じですね。

この日のお昼が小樽だったので
南小樽で下車して小樽を散策していこうという作戦。
ちなみに小樽まで行ってしまうとまた戻って来なくちゃいけないので
南小樽~小樽か小樽~南小樽へと向かうのが正解。
なんせ小樽って坂の町。
どっちで降りても上り坂が絶対ありますから、往復はきついです。

d0258976_13000379.jpg

メルヘン通り

この歴史的価値がありそうな建物・・・。
なんと「ルタオ」のお店。

d0258976_13001035.jpg

この重厚感がある建物は

d0258976_13001976.jpg

小樽オルゴール堂


d0258976_13002850.jpg

中がまたすばらしい

d0258976_13004024.jpg

圧巻の素敵さ
全部オルゴールなんですよ!


d0258976_13004960.jpg
建物が木造で歩くと木のきしむ音がするんですが
それがまた良い。
時間が止まったような感覚になりますね~。

こういう場所は本当に見ていても飽きが来ない。

d0258976_13105366.jpg

ガラスストリートってくらいガラス関係のお店が多い通り

d0258976_13145889.jpg
北一硝子
〇〇号館とかめっちゃたくさんあります。
どれもとてもきれいなガラス製の食器や商品があって
嫁さんは持って帰りたかったようですが
重いのでネットで買うように勧めました^^

d0258976_13152259.jpg

有名な北一ホール

蔵の中に作った喫茶店なんですが
めちゃめちゃ趣がある。


d0258976_13151222.jpg

幻想的な空間。
油ランプなので少々油のにおいが充満していますが
美しいですね~。
時間が止まった「昭和」がここにあります。


イロイロ散策してお昼に


d0258976_13155818.jpg

今回の旅行のメインイベントと言っても過言でない
ミシュラン一つ星の小樽の名店
「伊勢鮨」さんです。


d0258976_13213940.jpg


今日私たちの担当をして頂けるのは寿司職人の「中村」さん。

このお店、超人気店でして二か月前の予約が争奪戦。
特にカウンターは6席×2でめちゃめちゃハードルが高い。
お店の通路を二分するようにカウンターがそれぞれに設置されています。
私たちもダメ元で二か月前に電話をして奇跡的に予約が取れたので
訪問することができました。

d0258976_13215038.jpg

ど~です。
このネタケース。
気合の度合いが見ますでしょ。
もうわくわくしますね~^^

今日はあらかじめ予算を言っておいて
にぎりを最後に頂く段取りでお願いしました。

d0258976_13220029.jpg

サッポロクラシックの生


d0258976_13220938.jpg

岩ノリクラゲとタコ

この岩ノリクラゲが激ウマでお土産に持って帰りたかったくらい。
呑みの手始めとしては最高のつまみでしたね。

d0258976_13221737.jpg

道産トウモロコシを使った「すりおろし」
「すり流し」
(ちみ@鈴鹿さんのご指摘があり修正します。すみません!)
贅沢に海老も入っていますね。
旨味が半端ない。冷製スープですな。

d0258976_13222889.jpg

きんき
ねっとりとしたきんき独特の食感と脂ののった白身が酒に合う。

d0258976_13223635.jpg

小林酒造の「きたのにしき」

d0258976_13374986.jpg

ときしらずのハラス

ものすごい旨味が凝縮している。
ときしらずってすごいなぁ。
いつも食べているシャケとは全く別物だわ。

d0258976_13375786.jpg

一日限定20食という「うにの茶碗蒸し」
「うに」がどかんと乗っている+中にも「うに」
うにづくしの茶碗蒸し・・・ウマスギ。

d0258976_13380609.jpg

生サンマ

これもね~季節柄とても脂がのっていてウマイ。
酒が進む進む。

d0258976_13381992.jpg
二世古
特別純米。
ああウマイ。

d0258976_13383279.jpg
つぶ貝とするめいか するめいかのげそ
右にちょこんと乗っかっているのが山わさび。
北海道では結構この山わさび使うんですね~。
ものすごく香りが良くてつまみによく合う。

d0258976_13384594.jpg

酔っぱらっていて失念しましたが
「まぐろ」に何か手を加えたつまみです。

d0258976_13385957.jpg

北海道の生酒がちょうど切れて
新潟のお酒「たかちよ」
おかみさんお勧めで「旨口」

ここからにぎりへ
北海道感あふれるにぎりでお願いしました。

d0258976_13463439.jpg


きんき

きんき独特の脂の旨味でのっけから「やられた」感(笑)

d0258976_13464368.jpg

そい

あまりなじみのない名前の魚ですが
新鮮じゃないと刺身にできないそうな。
感じはスズキとタラを足して二で割ったような感じ。

d0258976_13465076.jpg
 

ぼたんえび

でました王様!
北海道といえば「ぼたんえび」ってくらいのイメージ。
身の分厚さがなんとも言えずあと二貫ほど食べたかった。


d0258976_13470609.jpg

ぼたんえびの頭を使った味噌汁。
海老の香りが半端なく激ウマ。

d0258976_13465822.jpg

ホッキ貝

でっかいですな。
北海道産の貝類はデカイ。
でも味は普通の貝と同じなので倍美味しいということかな。

d0258976_13471453.jpg

いくら

言葉がありません。ウマいです。


d0258976_13472227.jpg

こまい

北海道でしか食べられない珍しい魚のタマゴ。
「氷下魚」(こまい)とよむそうな。
タラ系の魚
トビコのような食感でタラコの味をいえば分るでしょうか。

d0258976_13473199.jpg

うにとタマゴ

しめくくりが「うに」
なんともいえんウマさと言いましょうか。
この辺で食べる「うに」と全然味が違う!
濃厚さ芳醇さともに北海道産は一枚上手。


d0258976_13474014.jpg

追加で「すさば」をお願い。

基本的にすべて煮切りが塗ってあるので醤油は使わず食べます。

いや~めっちゃ美味しかった。
なんとも言えない満足感と幸福感に包まれて感動です!

また北海道に来ることがあれば間違いなく再訪したいお店ですね。
中村さんごちそうさまでした。


伊勢鮨を後にして
次の目的地へと向かう途中

d0258976_13584578.jpg

ココもすごいんですよね

d0258976_13591445.jpg

めっちゃ並んでる。

d0258976_13592741.jpg

ココも!


d0258976_13593855.jpg


こういうのが目的なんですよね^^


おなか一杯になった私たちは小樽駅へ向かい
今日の午後の予定である余市へと向かったのでした。

つづく

北一硝子

伊勢鮨

北海道遊食 その①
北海道遊食 その②

ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!


















by phoenix_shin | 2016-09-22 19:00 | 寿司 | Comments(2)

北海道遊食 その② さっぽろオータムフェスト2016~味噌バターコーン!

2016.9月の遊食記録

北海道遊食 その①

続きです。

ホテルでチェックインを済ませて
徒歩10分程度の大通り公園へ。
テレビ塔までも近いし、駅までも近いのが
全日空ホテルを選んだ理由なんですが

さっぽろオータムフェスト2016

この会場から近い事も理由の一つです。

なんせ、1丁目から11丁目まで
災害の絡みで出店できなかったお店もあったにせよ
100店舗近いフードフェスタなんて、そう体験できるもんじゃありません。

d0258976_11570668.jpg

いきなり度肝抜かれる迫力!


ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!



この真下がドイツビールやらドイツソーセージを売っているブースがある場所なんです。(1丁目)
ややこしいんですが、
ここのエリアだけはドイツの有名な「オクトーバーフェスト」にちなんでいることから
さっぽろオクトーバーフェスト2016」という名前なのです。


d0258976_11571483.jpg

こんなに種類あっちゃ何から行っていいかわからなくなりますね。

d0258976_11572377.jpg

ちゃんと生なんですよ!
どれを飲んでもウマソー!

d0258976_11573151.jpg

とりあえず腹ごなしでソーセージを二本とビール。
このビールがとても香りが高く、芳醇な麦芽の旨味が素晴らしかったです。

2丁目から順に散策していったんですが
全長片道1.5キロは結構疲れました(笑)
雰囲気だけでもどうぞ

d0258976_11574207.jpg

d0258976_11575403.jpg

d0258976_11580123.jpg


こんな感じで各〇〇丁目でブースが「ロ」の字に出てましてね
どの店で何を買っていいのか全く分からないくらいの出店数なんです。

d0258976_11581365.jpg

中でも「町」が出店しているお店は、価格がとてもリーズナブルで
ここでイロイロ食べました。


d0258976_12044344.jpg

もちろん


d0258976_12045725.jpg

特大は残念ながら売り切れ


d0258976_12051066.jpg

それでも十分デカイ「ウニ」

d0258976_12081464.jpg

こちらでは


d0258976_12082671.jpg

超~特大のホタテ!

d0258976_12083560.jpg

アイフォンが小さく見えます。
味もふわっふわで貝柱はしっかりとした味わいでたまりませんでした^^

d0258976_12090270.jpg

d0258976_12091021.jpg

恐ろしいデカさのパエリア。

d0258976_12092348.jpg

また寄り道。


d0258976_12093180.jpg

中々田舎にはないんでね~。
思わず飲んでしまいます。

d0258976_12121817.jpg

すげ~な。ピザ釜あるよ。屋台とは思えん。
このお店、並んでましたね~。薄目でカリッカリのクラスト系ピザ。
とてもウマそうでした。

d0258976_12123167.jpg

吉田 類 みたいになっちゃってますが^^


d0258976_12123932.jpg

閉店間際に私たちが決めた最後の食べ歩きに選んだお店がコチラ。

d0258976_12124729.jpg

もうお分かりですな。

スペシャルなお願いをしました。
通常のローストビーフ丼には普通の牡蠣なんですが
それじゃぁつまんないという事で

d0258976_12125606.jpg

ジャンボ蒸し牡蠣をトッピングしてもらいました。

コレガね~。もう言葉がないウマさと言いますかね・・・。
牡蠣のぷるっぷるトルゥンって感じがたまりませんでした。
北海道民はあまり牛肉を食べる習慣がないそうです。
(なのでジンギスカン?)
そこでローストビーフ丼は珍しいそうな。
お肉は三重県の和牛の勝ちと認識しましたが
それでも屋台でこのレベルは中々のもの。

d0258976_12130615.jpg

最後にもう一度ドイツビールが飲みたくて
1丁目リターンズ。

d0258976_12131664.jpg

これもダークローストでウンマイ。



d0258976_12133376.jpg

すっかり暗くなってテレビ塔が美しい彩色を放ち
初秋の札幌で存在感をアピールしていました。きれいだ!


d0258976_12220098.jpg

旅の目的の中で「外せない事」がいくつかありましてね。
その一つが嫁さんの

「北海道で味噌バターコーンラーメン」を食べる事!

味噌もバターもコーンも決して外しちゃいけないポイントだそうな。
小さいころからの夢・・・・らしいです。


d0258976_12222457.jpg
私はちょいと辛いのが入ったバージョン。

d0258976_12224304.jpg

鉄板のタマゴ縮れ麺


d0258976_12223558.jpg

はい。夢にまで見た
北海道の「味噌バターコーン」ラーメン!

ニコニコしながら食べとりました。
(ここまで結構呑んで食べてしたんですがね・・・これは別腹でした)


ホテルに戻ると


d0258976_12230246.jpg

あ、あれ?
遼くんいるの?もしかして一緒のホテルに・・・・???

その③へ続く

北海道遊食 その①
さっぽろオータムフェスト2016
久楽


ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!



























by phoenix_shin | 2016-09-20 19:00 | ラーメン | Comments(0)

北海道遊食 その① 鈴波 絶妙な味醂粕漬を食す 

2016.9月の遊食記録


こんにちは!
昨日、遊食の旅より帰ってまいりました。

いや~。
楽しかったですね。
いきなり感想で申し訳ないのですが
食い倒れてきました(笑)

でもね、うちに帰ってきて確実に体重増を覚悟していたんですが
なんと!

増減「0」!


北海道と言えば移動にレンタカー使う事をイメージされると思うのですが
ワタクシのん兵衛でして、しかも嫁さんは免許は持っているものの
知らない土地では断固として運転を拒否するタイプなので
私たちの旅行にレンタカーの選択肢はないわけです。

で、すべて公共交通機関+徒歩!

毎日携帯のヘルスケアで確認すると「15,000歩」超えが三日間
最終日も7,000歩超えと、かなりの歩数によってカロリー消費されたと考え・・・。

皆さんも、下らん痩身マシーンとか買ってないで(オレか・・・)「歩」けば
少なくとも太らないことは証明されましたよ!

それでは行きましょう。
「北海道遊食」その①


ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!


お昼頃のフライトでしたので
セントレアに早めに行ってお店を見ながら早昼をすることにしていました。

d0258976_13021646.jpg

「鈴波」さんです。

目的はコレ

d0258976_13022794.jpg

味醂粕漬

d0258976_13020343.jpg

夫婦ともに「銀だら定食」をチョイス。

嫁さんは本当は「西京漬け」が好きなんですが
粕漬にチャレンジ。

d0258976_13023562.jpg

すみませんねぇ~。
時間は10時半^^
平日昼間っからホントスミマセン^^

d0258976_13024486.jpg

ほどなく到着

d0258976_13025347.jpg

ほぉ~っ。

美しいですなぁ~。


d0258976_13030100.jpg

素晴らしい厚みと身のホクホク度。
しっとりとやわらかく粕漬特有の香りがほのかに香り
決して「粕臭い」感じはありません。
熟成された感じがなんとも言えないですね~。

d0258976_13030805.jpg

漬物も充実。
酒のみには申し分ない構成で
先に出された黒豆もめっちゃウマかった^^

食後フライトまでまだ時間があったので
空港のラウンジへ

d0258976_13084527.jpg

あらら。失礼。
めっちゃええタイミングですな(笑)

d0258976_13085303.jpg

セントレアのラウンジって、妙な場所にあります。
普通は保安検査通過後にゆっくりとしたいはずなのに
保安検査前の場所にあるんです。
なので、あんまりぎりぎりまでゆっくりとしてられないですな。

d0258976_13091695.jpg

d0258976_13090526.jpg

飲み物はすべて無料。
アルコールも無料です。ほかの空港ではアルコール有料が多いんですが
セントレアはすべて無料。
しかもキリンハートランドも無料なんです。

d0258976_13093876.jpg

わはは本日二杯目。
嫁さんまで飲んでます^^


d0258976_13092778.jpg

持ち出しはいけませんが、自由に食べれます。
そんなに食べられるものじゃないけどね。

航空会社のラウンジはもう一つランクが上でもっとゆったりとしていて
こちらもすべてのドリンクが無料。
本当にくつろげるのは間違いなく航空会社のラウンジでしょうね。
会社が法人契約しているのでANAラウンジ使ったことありますが
全然違いますね。


ぴょ~んと一時間三十分くらいで札幌へ到着。
早いですね~。接続が良いと、津からエアポートライン~セントレア~札幌で
三時間ほどで到着できてしまうのが素晴らしい。


JR札幌へエアポートライナーのU-シート(指定席)を使ってゆったりと到着。
このU-シートは絶対に利用するべきですね。
たった500円で席を確保してくれてなおかつ、スーツケースを置いておくスペースも
確保されていますので40分間楽ちんです。

JR札幌で嫁さんが必ず寄りたかった・・・

d0258976_13185377.jpg

JRタワー展望室

38階へ専用エレベーターで上がっていくと・・・




d0258976_1343484.jpg



d0258976_13191580.jpg


d0258976_13192772.jpg


360度パノラマで札幌を見ることができます。
おそらく夜景はとてつもなくきれいだと思います。

ホテルへと



d0258976_13194650.jpg


今回の旅程で一番都合がよかった「札幌全日空ホテル」をチョイスしました。


d0258976_13195867.jpg

結構広さはありましたね。
まぁ、ほぼ寝るだけに帰る場所なので
これで十分ではないでしょうか。



一日目の最大の目的へと移動するのですが
これがまたとてつもないイベントだったので
次回UPとします。


d0258976_13201033.jpg

こんな感じで、札幌の街がとても熱い!

鈴波」 セントレア店
さっぽろオータムフェスト2016」札幌大通り公園特設会場

ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!





































by phoenix_shin | 2016-09-18 13:41 | 和食 | Comments(0)

いざ参らん   遊食の旅へ!

2016.9月の遊食記録





セントレアより



「愛をこめて・・・」



d0258976_23581868.png




いってきま~す!




ランキングに参加しています。
下のバナーを両方クリックして応援してください・・・なんて言いません。
応援されるようなブログを書いていきたいと思います・・・。
 ↓ ↓ ↓ イチローはすごいですね!クリックはコチラと


にほんブログ村

 ↓ ↓ ↓ コチラ

人気ブログランキングへ

ありがとうございました!

by phoenix_shin | 2016-09-14 00:02 | その他 | Comments(2)