木のいえ(松阪)

来るべきメモリアルデーです・・・。。

嫁さんが「私のReportも載っけて~~」・・・。。

と、言うことで「楽食人」の『ブログ』に『ふろく』としてUPすることとなりました。
『ふろく』が『ブログ』を超えないことを切に望みます。。><
・・・(実は本当の実力者は嫁さんですので、危機感感じてマス・・・orz)

はい、前置きは無視して元気よく行きましょう~~~^^

時は 二千と十二年の水無月から、遡ること数百年!どんだけ遡るのか~~。

天正12年(1584)6月、当時の城主の蒲生家「蒲生 氏郷」が
縁起の良い「松」の字を用い、また、秀吉の大坂城の「坂」の字を賜りました。
それが、「松坂」の始まりです。その後、大坂が大阪に変わったので、
松坂も同じように「松阪」となりました。。

ちょっと、マニアックな良い感じ~~^^
とはいえ、「で・・・何???」って言われると辛いものがありますので
今回は、真紅のバージンロードを「純白のWedding dress」を纏った
「最愛の人」が「ほざいている」感を理解して見てね~~~^^

松阪の「木のいえ」です~^^

d0258976_22225673.jpg


女性にとっては大切なコストの話から・・・「1,000円(税込み)」です!

メインは鳥唐揚和風ソースの大根おろし添え、
芝海老の唐揚(これ、パリパリでメチャ美味!)
小魚のマリネ 酸味は抑え目^^
ラタトゥユ(フランス風トマト風味の野菜煮込み)
そして・・・「とん汁」・・・orz
サラダに、五穀米。。
「とん汁」はお愛嬌^^
これで、1,000円は安い!!
どの料理の味付けも文句なしですよ~~!!!
デザートは+200円で付けれるそうですが、
「お預け」だそうです・・・。。

すまそ・・・。。その後デザートは「カクタス」へ移動。
画像はありません>< 「レモンパイ」食べたそうです。。
以前からのお気に入りだそうです。

楽しみにしてくれる人がいれば、頑張ってUPするようです~~^^

「コメント」よろしく~~~^^

木のいえ 松阪市久米町

by phoenix_shin | 2012-06-30 23:08 | おまけ「みっちー」のふろく | Comments(0)

麺や青雲志 vol.7

暑くなりました。

例年梅雨の中休みは30度越えの暑い日があったりするんですが
一向に暑くならないなと感じていた矢先でした。。

人は暑くなると冷たい物を欲するものです・・・。

しかぁ~し!!「楽食人」は違います。。
「暑いときこそ、熱いものを食せ!」

・・・とはいえ、ただでさえ「暑い」のに
「おっさん」が汗だらだらかきながら、ラーメンをむさぼる様に食している姿は
むさ苦しく、「不快指数の上昇」に拍車をかけます。
従って、スマートに且つさり気なく「熱いもの」を食するよう「心がけ」ております。。

時間は12時半を少し回ったところ。
控え席には人の影は無く、またラッキーな事に「麺茹で前方」の特等席が空きました^^

実は水曜日にも来ておりまして、「牡蠣正油」を食べたので
今日は「牡蠣汐」にしようと決めておりました。

ところが、いざ!私の番!になったときに
「岩塩の紅塩がありますがどうですか?」のうれしいお誘いに
ロト6のCMの香取慎吾のように二つ返事で「おねがいしま~~す!」

これです。

d0258976_1420392.jpg


「牡蠣汐」に見えますが、「牡蠣」は入っていません。(あたりまえか・・・。。)
「牡蠣」とはまた違った顔をした「魅惑のスープ」です。
「牡蠣」はもっと表面の旨み成分の玉が大きいです。こちらは小さい玉の集合体。。

d0258976_14225873.jpg


「塩」系は具が「海苔」ではなく「糸唐辛子」なのですね^^

まずは、スープを一口。さっぱりと、そして「まあるく、優しい」という印象です。
しかし、出汁はしっかりと取ってあるので「深い」です。
イノシン酸ファンとしてはたまりません^^
元々「塩」系のラーメンは好きなのですが、やっぱりここの「塩」は違う。
無化調であるがゆえに、すべてが優しい味なんですね~^^
ガッツリ系も嫌いではありませんが、「化学調味料」のガッツリは頂けません><
「味が刺々しく」感じてしまいます。コストを考えると難しいのでしょうが、
「もっと美味しくなるのにな~」と思うことが多いです。

ヒットさんコスト大丈夫ですか~???


麺や青雲志 (食べログです)  松阪市嬉野

by phoenix_shin | 2012-06-29 14:54 | ラーメン | Comments(2)

さぬき饂飩 徳八

楽食人の昼食は、ほぼ外食なので色んな所へ出かけています。

北は津市北部のマリオネットあたりから、南は松阪南部くらいまでが行動範囲です。

今日は、久々「うどん」が食べたいと同僚のリクエストもあり、
こちらにお邪魔しました。

d0258976_1552458.jpg


昼食としては一ヶ月ほど来ていないので、夏限定が出ている事も期待しつつ暖簾をくぐります。

d0258976_1571095.jpg


お!出てる出てる^^
同僚は「キーマ カレーうどん」をチョイス。
私は・・・「え~っと・・・」珍しく迷います。
「ちと珍しいパタ~ンで行こう」という事でこちらに確定!

d0258976_15104539.jpg


「冷やし坦々ぶっかけ」です。
他のメニューは色んなところでUPされていると思いましたので、こちらにしました。

いつも感心しますが、すべての具財(あえてこの字)のハーモニーがすばらしい!
「冷やし」といっても、そんなに冷たい訳ではありません。
ほのかに暖かい感じ(常温に近い)です。

ゴボウの素揚げのアクセントもきっちり定番で麺に絡んで香ばしいですし
食した後の、残り汁までもご飯と混ぜて頂きたいくらいのクリーミィーさ。。

「キーマ」は写真取りませんでしたが、卵黄共々まぜくりまぜくりでピリ辛も手伝ってか
大食漢の同僚は、大盛にした挙句「ご飯大盛行けたな~」というほどの入れ込みよう。

すでに、40も半ば過ぎてしまった楽食人は量は追えないので普通盛で十分。
昨年の「人間ドック」で医師から「これ以上体重が増えたら『節酒』って書きますよ」と言われ
「余計な事書いたら二度と来てやらんぞ」と心に決めつつも
健気に今年の人間ドックに向かって精進する日々。。

しかし、美味いものは止められませんし当然「お酒」も止められません^^

徳八さんの夏限定。とても美味しいので皆さんもどうぞ~~^^
但し、13時過ぎるとその日の状況で「お終い」になってしまう事もありますので
なるべく早めに行きましょう~~^^

徳八  松阪市 駅部田

by phoenix_shin | 2012-06-26 15:33 | うどん | Comments(0)

ANNIVERSARY

楽食人の嫁さんへのプレゼンもこれが最終。。

楽食人は甘いものは苦手です。チョコレート系はいけますが、それでも空腹時のみで
所謂「別腹」はあいにくと持ち合わせておりません。

足元がふら付く液体は、際限なく受け入れ可能となっておりますが、何か・・・。。

松阪のスイーツといえばここ

d0258976_16432359.jpg


ANNIVERSARYさん。

お店では、「イートイン」コーナーもあり女性でごった返しています。

d0258976_16462640.jpg


魔性の食べ物です。これが、何故女性を虜にするのか・・・。。
動物でいう「餌付け」のようなものでしょうか?
次から次へと、「餌付け」された女性たちが入店してきます。

d0258976_16492187.jpg


昨日、嫁さんは友人と津の「カクタス」さんで魔性の食べ物を頬張り、黒いデビルドリンクを胃袋に流し込んだそうです。


と、言うことで今日は「焼き菓子にするぅ~~~♡」との事で

d0258976_1656680.jpg


この中から

d0258976_16563613.jpg


「オプストクーヘン」をチョイスし持ち帰りました。

シュー皮をトッピングして焼いたアップルケーキだそうな・・・。。
ドイツの焼き菓子ということですが、楽食人もチャレンジ(嫁さんのを摘んだだけですが)
リンゴ煮の甘さをシュー皮がマイルドに抑えてくれて生地もしっとり。。
ストレートティーとめちゃ相性が良さそう(嫁談)とのことです。

結構見た目ガッツリで重く(直径15cm位)、友人宅へのお土産なんかにも最適!(1,000円)


ANNIVERSARY   松阪市川井町

by phoenix_shin | 2012-06-24 17:07 | スイーツ・お菓子 | Comments(0)

やまちゃんずはうす

ナチュラル系どっぷりの嫁さんは、食の次に雑貨を取り扱う店によることが大好きです。

ナチュラル系のテーマは「こぎたない。。」ですよね。(あくまでもイメージですイメージ。。)
そこを、きっちりと踏襲したお店が、「やまちゃんずはうす」なのです^^

d0258976_164889.jpg


ちょうど、前日にマルシェがあったようで、その片付けに追われている様子でしたが
店内もすごいことになっていました^^

d0258976_1662375.jpg


いったい、何千点?いや何万点の小物があるんだろうというくらいの状態です。
雑貨好きな方は、是非行かれることをお勧めします。
店主さんと奥様も気さくな方で、来店してから帰るまで両方が交互に「喋りっぱなし」の
「吉本新喜劇」のような面白さ^^
しかし、ここの店主さんはすごい方で、松阪のベルファームなんかで行われている「マルシェ」の
企画運営を行い、大成功されている方でもあります。

d0258976_16115543.jpg


こんな、可愛くてお洒落な小物が店内狭しと並べられています。
「やまちゃん」のオリジナル「こぎたない^^木製品」もあって中々良い感じです。

近々開催されるマルシェの情報です。

7月6日、7日 10時~16時 三重県亀山市文化会館 「大好き!カントリークラフト&雑貨市」

7月21日、22日 10時~16時 松阪ベルファーム 「クラフト&雑貨miniマルシェINベルファーム」

松阪のマルシェではグルメカーフェスティバルも同時開催で、楽食人も行く予定にしています。
嫁が雑貨を見ている間にグルメカーの色んな食べ物を仕入れて、
ビールガンガン呑む「ビールマルシェ」を一人で開催します。


お店に行かれる時は、マルシェの開催日や準備の為に開いていない事が多いですので
電話で確認されてから行かれることをお勧めします。


やまちゃんずはうす    松阪市川井町

by phoenix_shin | 2012-06-24 16:27 | 雑貨 | Comments(0)

麺や青雲志 vol.6

いや~。。お待たせしてスイマセン>< 
え?誰も待っていない?? し、失礼しました~~。。

と、言うことでようやくたどり着きました
「まぜそばブラッ~~ク!」
じゃ~ん

d0258976_15275695.jpg


一連の流れで連続投稿になってしまいましたが、これでようやく落ち着きます^^
黒マー油のまぜそばです。平打ち麺で通常より多目です。
チャーシュー、タマネギのスライス、ベビースターラーメン、
シナチク、キザミネギ、キザミノリが入っています。
ベビースターラーメンはアクセントになってとても良い感じです。

これを「まぜまぜ」して食べるんですが、ここで、血液型別まぜそばの食べ方を観察してみました。

A型 カウンターに貼ってある「まぜそばの食べ方」を熟読し書いてある通りに食する。
B型 いきなりまぜてガツガツ食べ、食べ終わってから「こんなこと書いてあったんだ」と気付く。
O型 どうやって食べるか不安で他に食べている人を探して横目で見て復習しながら食する。
AB型 ・・・いえ、何も申しません。。赴くままにどうぞ・・・。



まぜまぜした後です。

d0258976_15354222.jpg


ほんわか暖かくて、黒マー油の香りが香ばしく食欲をそそります。
黒マー油は熊本が有名ですが、汁系しか見たことなくて、まぜそばにこれを使うところがすごい^^
途中からテーブルに備え付けの「黒七味」を使うと味が引き締まって、また美味しくなります。
こんなボリュームで680円ですよ!旦那~!ってどこのおっさんだ・・・><

嫁さんは、私が昨日「EBI」ちゃんを食べた事をいち早くブログで知り、マインドコントロールされたように
「EBI」「EBI」「EBI」と頭の中を「EBI」が駆け抜けた(跳ねた?)そうなので
つけ麺「EBI」を食しておりました。麺が200グラムもあるのに一人で完食・・・orz
・・これ以上は触れないことにしておきます。。。



麺や青雲志 (食べログです)  松阪市嬉野

by phoenix_shin | 2012-06-24 15:55 | ラーメン | Comments(0)

麺や青雲志 vol.5

「ラーメン」っていうカテゴリーの割に
「一箇所しか載っていないじゃないか!」って怒られそうですが
それくらいしつこく通う値打ちのあるお店だと理解してください~^^

私自身もこんな経験は初めてで、通いだしてから3ヶ月で20回は多すぎます。
いいとこ、週末のみとかで隔週とかのペースだと6回~8回くらいです。
それが20回ですから、やはり今までの「お気に入り店」としてはダントツなのでしょう。。

しかも、実は昨日会社の同僚2名を同伴して食したにもかかわらず、
またもや来てしまうという状態。

何がそうさせるか?

「美味いんです」以上!

昨日は、魚介系よりも豚骨Loveの二人を引き連れて来店。「どちらかというと魚介は苦手」と
前情報をもらっていた上で、「じゃ~うならせてやるよ!」ってことで
強制的に「まぜそばブラック」をチョイスさせ
汁系ファンの楽食人は予定通り「特製牡蠣醤油ラーメン」を頂きました。
後から感想を聞いてみると「ご飯との愛称が抜群!」との事。
一人はご飯食べていましたが、どうも「おかず」の感覚のようです・・・。
ガッツリ豚骨Loveの二人は同じ結論に達したのでした。よかった、よかった。。><

そして昨日のイメージが頭に残っていた楽食人はどうしても「ブラック」が食べたくなってしまい
また来てしまったのでした。

少々遅めの12時40分頃到着~^^「あら・・・車少なっ!」
最近、楽食人は平日は並ぶという労をせず意外とあっさり食べられてしまっています。
(でも、その後満席になったんですけどね・・・。後ろも・・・。)
入店するとお待ちの方が2名。「お!いらっしゃい」とお父さんに迎えられ
券売機の前へ・・・。いざ!「ブラック~~」と(前にも同じくだりがあったような・・・)
「・・・!。。んん~~~???!!」
右斜め前のホワイトボードに書かれたプレミア系の残数表の中に一段と光り輝くものが!

「EBIが・・・。。ある。。」

d0258976_14521551.jpg


いいですか皆さん、これね「つけ麺EBI」ちゃん(アメちゃんみたい・・・かわいい^^)は
プレミア系なんですよ・・・。
土曜日の12時過ぎに残っているなんて奇跡なんです!
ですからね、食べないのは「EBI」ちゃんに失礼なんですよ・・・。。
「EBI」ちゃんはねつけ麺用の出汁の風味がすごいのですよ~
もうね、「EBI~~~~~!」(← エビが跳ねてる感じね!)なのです!
EBI好きの方にはたまりませんと思われますよ~~^^

是非ご賞味あれ。但し、限定数2食の時が多いので「絶対!」って方は
朝一レッツゴ~じゃないと厳しいですよ~^^

え・・・?? 何か?? あれですか?? 「黒いやつ・・・」
それは、明日のお楽しみという事で~~^^(明日も行くんかい!><)

麺や青雲志 (食べログです)  松阪市嬉野

by phoenix_shin | 2012-06-23 15:24 | ラーメン | Comments(0)

家飯 vol.5

さぁ~「キング」の出番です。

楽食人は魚も貝も基本的には「活」を好みます。
したがって、仕入れた貝類を刺身で頂こうと企んでおりましたが、
民主主義の多数決攻撃にあい、残念な結果に・・・><
無駄な抵抗を試みましたが撃破されました・・・orz

愛しの肴達の登場前に一応、楽食人の晩酌事情にお付き合いください~~^^

d0258976_21523862.jpg


お約束です。やはり、エビスは美味いです。
ここで、豆知識です^^
缶ビールの下の方に、100mlの成分が記載されています。
プレモルは塩分が入っているのに対して、エビスは「0」です。
確かに必要なナトリウムはあるとは思いますが、それを使わずとも旨みを出すエビスは
流石だな~と思います。因みにプレモルも呑みますよ~~^^だって美味しいから^^

さて、どうでも良いビールのこだわりは「前菜」として、いよいよメインディッシュです。
家庭内の力関係が露呈しますのであまり見せたくはありませんが、
「キング」を含む愛しの貝たちはこのように変身しました~~!

d0258976_21593875.jpg


「笑うなっ!」><

上が「キング」の刺身(たったの4切れ・・・orz)
右がサザエの刺身(これは刺身のほうが美味いという嫁さんの心遣いです・・・感謝!)
左は、キングのバター焼きと大きい方の肝がサザエ、小さい方がキング!です。
お箸のサイズから想像していただければ、そのサイズは一目瞭然!

とにかく、サイズはデカイです!
キングは20センチで重量もあって、サザエは楽食人の握りこぶしより大きい・・・
楽食人は175cm小さい方ではないと思う。。

肝心の味は・・・。
美味いに決まってます!
ご想像の域を超えていますが、これを美味いと言わずして何を美味いと言うのか!!!!!
刺身は磯の香りプンプンで歯ごたえ十分!コリコリしすぎてあごが外れそうです^^
サザエに至っては、造った切り身を溜りに漬けると
「にゅわ~ん」って感じで身が動きました^^
やっぱり「刺身だろ!」と心の中で静かに叫びつつ、肝焼きへと進んで一口頬張ると、
「んんん~~!何だこれは!!」と、うなるほどの美味さ!
イメージ的に青臭さが伝わりそうですが、「全くの別物」です!
磯の香りをふんだんに纏った「バター風味の生レバー」です。。
これは、「肝」ではない!と感じたほどでした。
感動に浸っていると「あっぱっぱ」が登場!

d0258976_2219241.jpg


私と娘の分がまず登場~~~^^
季節からいうと、違うこともあってやせた感じですが、それでも十分な旨みと風味です^^
「あっぱっぱ」の旬の時は2倍のサイズがあると思ってください。
当然、旨みもハンパナイです。旬の時期は「高い」と思われがちですが、そうでもないです。
「あそこの店」では・・・。。

美味い肴を食すると美味い「酒」が飲みたくなる・・・。

出ますよ・・・「エース」が・・・。。

その前に!「御祓い町」編でお知らせした「伊勢萬」さんのギャラリーで購入した
「ぐい呑み」をお見せします。

d0258976_22351356.jpg


これが、かの有名な人間国宝の「清水 卯一」さんが生涯2人しか取らなかった
お弟子さんの作品です。
30年後に「なんでも 鑑定団」に出品予定です。
「100万円!」って値段付けて撃沈する、おじいを想像してください。。

日本酒を注ぐと「油滴」の光が眩く「美しい」のです^^

d0258976_22414897.jpg


解り辛いですが、本当に「美しい」です。



長々と、お付き合いくださって有難うございます^^
伊勢神宮参拝からの「〇〇編」はこれにて終了です。
これからも、色々とUPしていく予定です。
20代後半から「食すること」への興味は、嫁さん共々ありましたので
「有名どころ」は、ほぼ制圧したと思いますし、「新しい処」の開発も
積極的に^^今でもガッツリ行ってます~~^^
ただ、ただブログに残すという「知恵」がなかっただけなので~~^^
これから、徐々に楽食人として「楽しく」「食」をお伝えしていきま~す^^

by phoenix_shin | 2012-06-20 23:05 | 家飯&呑 | Comments(0)

貝の買出し

いきなりですけど、「貝の買出し」って別に狙ってる訳じゃぁないですよ~。。

折角、志摩まで来て海産物を何も買わず帰るなんてありえません。
季節に応じた海産物を求めてあっちへ、こっちへ、そっちへ、どっちへ?って感じです。

時期は初夏・・・。つまりあの貝が旬ですよね~~^^

d0258976_1654425.jpg


こいつだ~~!! キングオブ「貝」・・・あ・わ・び!

刺身でもバター焼きでも何でもいい!とにかく美味~い!
家の長男坊以外は皆大好きであります。しかしながら・・皆さんご存知のように
このキングは値段もキング!恐ろしい値段で市場取引されています。
つまり、「分かっちゃいるけど、買えるか!」と・・・。
楽食人ご用達のマルヤスさんでも「出展」(この表現がベスト)されておりますが、
横目に見つつ「いつか死ぬほど食べてやる」とスル~する日々。。

しかぁ~し、ここなら買えるんです。
「キング」を・・・。
ここだぁ~!

d0258976_16162431.jpg


と、何故かシークレット扱い・・・。
だって、浜値で売ってくれるんですよ。。
めちゃ良心的ですよ。。たとえ、キングであろうと市場価格の半値近いですよ・・・。

こんなにありますよぉ~

d0258976_16214850.jpg


他にも大人の握りこぶし大はありそうなサザエや、緋扇貝などを仕入れました。
緋扇貝とは「バタ貝」とか「あっぱっぱ貝」のことです。地元民はこう呼びますね。

なぬ?値段聞きたい??場所はおせーないよ???

晩飯編で写真はUPしますが、
キング(あえて鮑とはいいません)2,300円 サザエ大 330円 緋扇貝 90円

どーだい・・・。半値ちかいだろ~ぅ・・・。

他にも、生簀には平目や伊勢海老も大量に「うじゃうじゃ」います。
今日は貝の買出しなので(狙ってね~よ・・・^^)魚はまた今度。

d0258976_1632143.jpg


場所はいずれは発表したいと思いますが、今は内緒です。。エリアは志摩です^^
楽食人は20年ほど前から、ちょこちょこ寄って買っております。

キング達の行方は、「晩飯」編へと続きま~す^^

by phoenix_shin | 2012-06-20 16:38 | 魚介類 | Comments(0)

志摩地中海村 ランチ編

一年ぶりの来訪で、料理の詳細確認せず来店しました。。
昨年は、「海葡萄のコース」の為に来ました。イメージはとても良かったので
今年も、同時期ならば、何かあるかなと思いましてね・・・。
「街並み編」で紹介させていただいたウッドデッキのオーシャンビューは
季節、気候、気持ちが相まってすばらしい「癒し」を齎します。
今回も+味覚の癒しを求めての再訪です^^

料理は、私は「Sardinia」嫁とYちゃんは「Ladies」を注文。
少しずつシェアしながら食べようということに決定。

こちらのシェフは、かの有名な
「塩の魔術師 後藤雅司」シェフの元で修行をされた経験をお持ちです。
お店のプロデュースも後藤シェフ監修であり三重県を代表するイタリアンの店でもあります。
かなり前ですが、テレビの「料理の鉄人」という番組を覚えていますか??
後藤シェフは坂井シェフと対戦しました。間違いなく三重県を代表するシェフです。
10年ほど前に「LA PALME D`OR」に初めてお邪魔した時に、
開店時にお出迎え頂き「シェフの後藤です」と挨拶してもらい、
とても丁寧で紳士的な方だと今でも鮮明に覚えています。

これからの料理写真は初めに出てくるほうが私の「Sardinia」です。

お約束です。

d0258976_2364238.jpg

最近のノンアルコールは完成度が高いですね~~^^

まずは前菜から

d0258976_22314144.jpg


「生ハムとモッツァレラのサラダ」

d0258976_22335087.jpg


「バーニャカウダーとポン酢ジュレのサラダ」

どちらも、普通~のサラダというイメージです。
バーニャカウダーはとても良い感じで、バゲットをつけても美味しい^^

d0258976_22433314.jpg


バゲットです。「塩の魔術師」の伝承よろしく、「塩」が添えられています^^

d0258976_22443056.jpg


両コースとも、「赤ピーマンとジャガイモの冷製スープ」です。
最初に赤ピーマンの香り、そして追いかけるようにジャガイモが来ます
滑らかでとてもさわやかな風味を出しています。

d0258976_22472010.jpg


「イカ墨のパエリア」

d0258976_22494311.jpg


「ペスカトーレ」
実は、嫁さんはジェノベーゼを注文していましたが撮るのを忘れていました・・・><

「イカ墨」は少し火が入りすぎた感じではありましたが、アーモンドのトッピングが妙に
食感と風味を後押しして美味しかったです。緑色に見えるのは「アオサ」でこれが絶妙の
アクセントとなって味を引き締めます。
「ペスカトーレ」は蟹がふんだんに使用されていて贅沢な作りになっていました。
とても美味しかったです。
ただ、「ガッツリ」行きたい方には残念ですが、料理の「量」は少な目の設定になっています。

「Ladies」にはもう一品

d0258976_2258599.jpg


「鯛の湯葉まきアオサソース」
これ、絶品です。。アオサってこんなに美味しかったっけな??って感じです。
滑らかで且つ磯の香りを放つアオサ。
淡白な鯛の湯葉まきをアシストするには十分なポテンシャル!
これを、「家で何とか作れんか??」と嫁さんにリクエスト!
料理魂に火をつけておいたので、いずれ同等の物を作り上げるでしょう・・・^^

デザートです。
デザートに興味のない私はここから、いい加減なコメントになります><

d0258976_239059.jpg


「黒蜜のゼリーとココアパウダーティラミス」という名前だったような・・・。
一口食べて、嫁さんたちにパスしちゃいました><

d0258976_23121070.jpg


「イチゴのチーズアイスクリームと洋ナシのタルト、プロマージュ フルーツ」
ん~・・・味は食べてないので分かりません・・・ごめんなさい><

d0258976_015683.jpg


アフターティーは「スペインティー」を頂きましたが。これがまた甘い><
後半は甘さに悩まされた楽食人でした。。

それでも、環境と料理とアフターの「癒し」を一つとしてのコスパであれば
とても「安くて美味しくて魅力的」だと思います。

皆さんも是非お出かけくださいね~~^^

志摩地中海村

この後、貝仕入れ編へと続きま~す^^

by phoenix_shin | 2012-06-19 23:25 | イタリアン | Comments(0)